お知らせ

2015-07-13 07:29:00

人は、「最近なんだか躓きやすくなったなあ」とか「転びやすくなったなあ」とか「めっきり肩こりがひどくなったなあ」などの体の症状に、「私も年をとったからか?」と思いがちです。

 

 

ところが、意外なことにその原因が「歯」の場合があるといいます。

 

 

例えば、“転倒”は高齢者が寝たきりになったり、要介護になったりするきっかけになります。

 

“老化は足から”などと言われますが、実は歯を失うことで体のバランスが崩れ、転倒を招いていることも珍しくないとの事です。

 

 

また、実際歯のかみ合わせを調整すると、肩こりや頭痛などが楽になったと喜ぶ人も多いそうです。

 

 

そして、“入れ歯”にも興味深い話があります。

 

入れ歯は長い間使うと内部に汚れが浸透し、歯ブラシでこすっても落とせなくなります。

 

当然それが口臭の原因に。

 

だから、寝る前に汚れをさっとブラシで落とし、洗浄剤に一晩付けておくことがベストです。

 

ブラシのみの洗浄の、数倍から数十倍の菌を殺せるとの事。

 

 

また、入れ歯は乾燥に弱い為、一晩付けておくことにも意味があるそうです。

 

 

当然“唾液”の役目は大きく、口の中の汚れを落とし口の中を酸性を中和してくれます。

 

“唾液”の出にくい高齢者は、充分な水分を摂ることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

                      ☆ルームス鶴羽田☆