お知らせ

2019-07-01 10:12:00
DSCN1622.JPG

皆さん、こんにちは、こちらはルームス・鶴羽田です。

 

 

「七夕」といえば何を想像しますか?

  子供のころ:「おりひめ様」「ひこぼし様」

        「天の川」「ゆかた」「願い事」

  大人になって:「竹林がすくなくなった」

        「難しい世の中」「ロマンがない」

        「世の中に余裕がない」

 

鶴羽田では、短冊に願い事を書き笹竹に飾付けを

行いました。短冊はお客様自身で書かれたものです。

梅雨の時期、じめじめを吹き飛ばすよう、いいこと

を願って、これからも短冊を飾ります。

 

昔は、神様を迎えて豊作を祈っり人々のけがれをはらう

ものだったそうです。

今では、琴座(ベガ)と鷲座(アルタイル)が年に1回

天の川をはさんで、めぐり逢いの日と考え、中国で生まれた

ストーリーだそうです。夢があって素敵ですね。

 

鶴羽田でも、短冊をたくさんこしらえて、「令和の年」が、

素晴らしい年になりますようお祈りしたいと思います。

 

       <^。^>ルームス・鶴羽田<^。^>

1