お知らせ

2016-05-16 06:09:00

あの大きな地震からもう1ヶ月も経ちました。

 

まだ昨日の事の様です。

 

地震の夜は本当に「怖い」限りでした。

 

今になると、よく生きてたなと思います。

 

 

 

ご利用者様に改めて聞いてみました。

 

「あの時はとにかく怖かった」

「何もかんも壊れた、大事な仏壇も壊れた」

「毎日の地震が、怖いけどもう慣れた」

 

 

今はもう大分普段の生活に戻ることができ、
皆さん笑顔も戻ってきました。

 

が、これからも油断はできません。

 

備えあれば憂いなし、水や食料の備蓄などが大事だと
今回の地震で痛感しました。

 

何もないことが一番ですが、もしもの為に私たちも
常に話し合い、準備を怠らないようにしたいと思います。

 

 

 

ご利用者様も皆様も、ずっと笑顔でいられますように。

 

 

 

 

DSCN0863.JPG

 

 

 

 

               ☆ルームス鶴羽田☆